広島工務店

BLOGブログ

台風被害は保険が適用される??

Pocket

協力スタッフ ファイナンシャルプランナー 白岩ゆかりです。

今年も台風や水害が多い年でした。
被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

10月の台風19号の被害の後も、瓦のずれによる雨漏り、暴風によるカーポートの破損など修理代に高額な費用がかかり保険に入っておけばよかったという声もありました。
ただ、台風の被害がどんな保険で適用されるのか?どれぐらいの保険金がもらえるのか? わからないことも多いと思います。

台風の被害にあってしまったとき火災保険で補償されます。
火災保険は火災のみに対応してる保険だと誤解していて、保険金の請求をせずに自分で払ってしまっているという方もいらっしゃいます、、、

台風などの自然災害で受けた住宅の被害にも適用されます。
強風でゴルフ場の支柱が倒れて家が潰されてしまった、川の堤防が決壊し床上浸水してしまったなど、 災害に備えてほぼ100%の家庭で、火災保険に加入しているかと思いますが、 契約内容によってはせっかく入っていた保険が適用されない場合が多々見受けられます。

【風災補償】
台風の風による破損、雪の被害
台風の風に限らず、竜巻や突風、木枯らしなども含まれます
例えば風で飛んできた看板で家が被害を受けたりするのも、風災補償に含まれます
台風で隣のゴルフ場の支柱が倒れてきた場合は実費負担になるため自身の「風災」保障が必要(ゴルフ場側に賠償責任は問えない)

【水災保障】
大雨による河川の反乱、洪水、土砂崩れ
台風が来て堤防が決壊、河川の氾濫で床上浸水の場合は「水災」の保障が必要(風災ではない)

【 地震保険】
地震による破損




今一度、ご自分のお家は火災保険に加入しているのか、 加入しているならどこまでの保障がついているか、ハザードマップなどで地域情報と併せてご確認くださいね

疑問点などございましたら、こちらのLINEに気軽にご連絡ください。
無償でサポートいたします。


BACK TO LIST