広島工務店

BLOGブログ

「かぞくわり」映画のご紹介 

  • NEWS
Pocket

広島工務店で関わらせていただいている塩崎 祥平さんが映画監督された「かぞくわり」が
2019年1月19日(土)よりTOHOシネマズ橿原 ほか全国順次ロードショーされます。
 
エンドロールに社長の還暦のお祝いをした時の家族写真が映るそうです!
これは観に行かないと!!
 

解説

民俗学者で作家の折口信夫の小説「死者の書」をヒントに日本の家族のあり方を描いていく。奈良の地に現存する1300年以上の歴史を誇る寺。その寺には曼荼羅を一夜にして織り上げたという伝説の姫がまつられている。奈良のごく平凡な家庭で育ち、画家になることを夢見ていた香奈はこの姫の生まれ変わりだったが、画家になるという夢を親に拒絶された彼女は、38歳になっても定職にも就かずに両親とともに実家暮らしを続けていた。そんな香奈の前に現れた謎の青年が香奈を画家の世界へと導いたことにより、街全体を巻き込んだ大騒動へと発展。そして、ついに香奈の中に眠っていた姫の魂が目覚め始める。香奈役を「宝塚歌劇団」元宙組トップ娘役で本作が映画初主演となる陽月華が演じるほか、両親役を小日向文世、竹下景子が演じる。監督は奈良県で映画製作を続けている塩崎祥平。

映画.comより引用

 

BACK TO LIST